今使ってるサプリ、自分に合ってますか?~ダイエットサプリの種類~

中華料理、イタリアン、ファーストフードなど、和食以外のお食事が簡単にとれるようになり、日本人の平均身長だけでなく、平均体重は年々増加傾向にあります。

それとともに、ダイエットも多種多様な情報が溢れています。時間があれば運動をすることが一番よいのでしょうけれど、勤勉な日本人は労働に時間を費やし、個人的な時間をとることが難しいのが現状です。

そこで、誰でもお手軽に続けられるのが、ダイエットサプリです。とはいえ、ダイエットサプリも種類が豊富にあり、どれを使っていいか悩んでしまいますね。まずは、自分に合ったサプリ選びが重要です。ダイエットサプリには、どのような種類があるのでしょうか。

 

1.冷えやむくみが気になる

女性であれば、一度は経験のある冷え、むくみ。それは、代謝が低下していることによって引き起こされます。特に、立ちっぱなしの仕事や、逆に座りっぱなしの仕事をしている方は、体を動かすことが少なくなることで代謝が低くなり、気付いたときにはマッサージをしても冷えやむくみが治らなくなっているということもあります。この場合は、デトックス系のサプリを試してみましょう。乳酸菌や酵素が入っているサプリで腸内の老廃物を排出することで、滞りがちだった血流の巡りがよくなり、冷えやむくみが改善します。

 

2.甘いものがやめられない

ストレス発散のため、体が甘いものを求めてしまう。よくあることですが、なかなかやめらませんし、食事制限はさらなるストレスを招く可能性があります。そんなときに役に立つのが、糖質カット系のサプリです。糖質カット系にもいくつか種類があり、ご飯やパンなどの炭水化物から変化した糖質を九州させにくくするもの、酵母の力で糖質の分解を助けるものなどいくつか種類があり、食生活によって選ぶことができて便利ですね。

 

3.食欲が無限大

普段からよく食べて、胃が大きくなっていて、糖質カットだけでは追いつかない!だったら、食欲自体をコントロールしようというのが食欲制限系のサプリです。天然のハーブや酵母の一種で満腹中枢に働きかけ、食べる量が少なくても満腹感が得られます。自分で我慢している感がないので、自然と食事量は少なくなり、胃が受け付ける食べ物も適量になります。胃が小さくなればサプリを使わなくても、食欲抑えられないということはなくなるのがメリットです。

 

4.ついた脂肪をどうにかしたい

ついた脂肪が固まってセルライトが増えてしまうと、いくら運動をしても燃焼しにくくなってしまいます。せっかく汗をかいても脂肪が減りにくいと、運動をする気力自体が出なくなってしまいますね。このようなときに脂肪燃焼系のサプリを使ってみましょう。このタイプにもいくつか種類があり、カプサイシンなどで脂肪燃焼を助けるもの、またフォースコリーのように脂肪以外の筋肉に働きかけて脂肪を減らしていくものがあります。運動をする手助けでよい場合や、運動する時間がないけれど食事制限で脂肪も筋肉も落ちてしまうのは困るという場合など、状況に合わせて使い分けをすることができます。

 

簡単に説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。せっかくサプリを使っても、自分の状態に合ったものでないと、十分に効果が得られません。うまく活用できれば、スポーツジムに通うよりもお安くダイエットをすることができます。サプリはドラッグストアやインターネットで簡単に購入することができますが、まだ試す前の方も、既に購入して使っている方も、一度自分のタイプにあったものを考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です