ダイエットサプリを高校生の時にはじめて買いました。

ダイエットをする時、どうしても楽して痩せたいと感じます。
それは今になったら、ダイエットサプリについて躊躇することなく買うことができます。
そのサプリを飲むことによって、ダイエットをサポートすることができると思うからです。

しかし、高校生のときにはその買うお金がなく、ダイエットサプリというと、とても高級な感じがしていました。
そして少し怖いという、そんなイメージもあったのです。
それは成長期に飲むことによって、副作用があるのではないかと子供ながらに、そんな事を思っていたのです。

そんな時、高校2年生でバイトをすることにしました。
夏休みにバイトをして、水着で海に行きたいと思ったのです。
その時バイト代で、はじめてダイエットサプリを買いました。
そのときは、とても嬉しくてその容器について、しばらく持っていた記憶があります。

そして、ダイエットをすることになった時、絶対痩せてやるという、そんな思いを持っていました。
成長期に痩せるというのは、とても難しい事です。
なんといっても、栄養素が足りなくなった時、体がだるくなるなど心配なことがありますね。
そのため、ちょっとどうしようと思うことがあったのです。

しかし、痩せると決めた以上頑張ることにしました。
そしてダイエットサプリを飲んで、始めることにしたのです。
多くのダイエットサプリは、運動も食事も制限しなくても良いとなっています。
そのことをそのまま、信じて行うことにしたのです。

サプリメントを飲むだけでは効果は現れない!

ところがちょっと、不安がありました。
それは、私はかなりの大食いということです。
炭水化物の食事を、ダブルで食べることもあります。
ピザ、うどん、ラーメンと一緒にご飯を食べる等です。
そんな食生活をしていても、痩せることができるのは無理だろうと思っていました。

そして結果は、その通りでした。
そのサプリをのんでいても、太ってしまったのです。
そのことから、運動をすることと食事を制限することにしたのです。

するとみるみる痩せることができました。
そして念願の水着をかって、海に行くことができました。

その時から、ダイエットサプリを買ったとしても、利用するだけにしています。
全て信じてしまうと、結果を出すことができないということです。
そのことを知ったことは、とても良かったと思っています。

また運動をすることは、筋肉を減らさないためにもとても大事なことです。
そのため、ダイエットサプリ、食事バランス、運動を取り入れたダイエットが大事と思っています。

ダイエットサプリの役割~ダイエットサプリの種類と特徴~

近年、運動不足による肥満やメタボリックの問題が増加しています。

そのため、痩せたいと願い、ダイエットをしようとする人達も少なくありません。しかし、ダイエットをしても、思うように痩せることができず、挫折をしてしまう人も多く出てしまっていることも確かです。
努力をして運動、食事制限を頑張っても痩せることができず、挫折して苦しんだ経験がある人にダイエットサプリをお勧めしたいです。

ダイエットサプリについてインターネットで口コミを見てみると、「利かなかった」、「飲んでも全く痩せられない」等の多くのネガティブな情報が多く見受けられます。
ところが、口コミの文章を見たり、人と話をしているとダイエットサプリについて勘違いしている人が多いということも感じられます。
これは、当たり前のことですが、ダイエットに大切なことは適度な運動と食事管理です。それを除いてダイエットサプリを飲んでいるだけでは痩せることはできません。
ダイエットサプリはあくまでダイエットを行う上で補助的な役割であり、それ単体では、ほとんど効力を発揮しません。

では、ダイエットの補助となるダイエットサプリにどのようなものがあるかについては代表的なものが4種類あります。

 

ダイエットサプリの種類と特徴

1つ目は、脂肪燃焼サプリです。これは、脂肪を燃やすタイプのダイエットサプリです。運動をして飲むことでより脂肪を燃焼させるため、運動を中心にダイエットしたいという人におすすめです。

2つ目は、食欲抑制サプリです。これは、食欲を抑えるタイプのダイエットサプリです。食事量を制限したいのに食べ過ぎてしまう人や間食をしてしまう人におすすめです。

3つ目は、糖質制限・脂質制限サプリです。これは、余分な糖、脂肪をカットするタイプのダイエットサプリです。外食の多い人や炭水化物の間食を抑えられない人におすすめです。

4つ目は、腸内環境改善サプリです。これは、腸内環境を整えるタイプのダイエットサプリです。便秘や冷え性の人におすすめです。

一口にダイエットサプリといっても、タイプもこれだけ違い、状態によっておすすめのものが変わってきます。このように分類分けがされているため、自分の状態に合わせたものを選ばなければいけません。

つまり、ダイエットサプリを飲んでダイエットを行う上での注意点は、自分の状態に合ったものを選ぶ、あくまでサプリは補助的な役割であると認識し、適度な運動と食事管理を怠らないこと、効果をよく知っておくということです。

ダイエットサプリのカロリミットを試した効果についてです。

以前ダイエットサプリを使ったダイエットをしていたことがあります。いくつか試したことがありますが、その中でカロリミットについてです。
たくさんあるダイエットサプリの中でカロリミットを選んだ理由は、FANCLが出しているということで、安心感があったことが一番です。
FANCLといえば、多くの人が知っているので、まずは怪しいサプリメントではないという気持ちになりました。
たくさんあるサプリメントの中には、正直、これ本当に大丈夫なのかと思ってしまうようなものもありました。あくまで個人的な感想ですが。

そして安心感の次に決め手となったのは、摂取カロリーを抑えてくれることです。ダイエット中でも好きなものは食べたいと思います。
ダイエットしているなら、我慢すればいいというダイエット方法もありますが、自分には合いませんでした。
好きなものを食べることができないイライラが募りすぎて、毎日いつもストレスを感じていました。精神的いいことではないと感じて、それからは好きなものも食べていいという方法のダイエットを選んでいます。

 

カロリミットの効果について

そんな理由で選んだカロリミット、その効果ですが、結果的には現状維持といったところです。減りはしないけれど、増えもしません。
カロリミットを飲んでから外食でカロリーの高いものを食べても、翌日の晩までにはもとの体重になっていました。
味の濃いものや甘いものも好きなので、たぶんカロリーはけっこう高いはずですが、ちゃんとカロリーがカットされているというか、外食が家で食べるご飯くらいの感覚になれました。
立ち仕事をしていたので、デスクワークよりかはカロリーの消費は多いように思いますが、とくに仕事以外で体を動かしたりすることがなかったので、カロリミットを飲んでいなければ、食べた分がそのまま脂肪になっていたと思います。

好きなものを食べても現状の体型を維持できたということは、とても嬉しかったです。
精神的にもダイエットでつらいと思うことがなく、普段通りに過ごせました。ただ欲を言えば、やはり1キロでもいいので痩せて欲しかったです。
現状維持ではなく、痩せたいと思ってはじめたカロリミットなので、もう少し効果を得られればさらによかったなと思っています。私が好きなものをもう少し加減して食べればよかっただけなのかもしれませんが、好きなものはやっぱり食べたいと思ってしまうんです。
こればかりはどうしようもありませんから、カロリミットと併用して何かまた別のダイエット方法をしてみようかとも考えています。

今使ってるサプリ、自分に合ってますか?~ダイエットサプリの種類~

中華料理、イタリアン、ファーストフードなど、和食以外のお食事が簡単にとれるようになり、日本人の平均身長だけでなく、平均体重は年々増加傾向にあります。

それとともに、ダイエットも多種多様な情報が溢れています。時間があれば運動をすることが一番よいのでしょうけれど、勤勉な日本人は労働に時間を費やし、個人的な時間をとることが難しいのが現状です。

そこで、誰でもお手軽に続けられるのが、ダイエットサプリです。とはいえ、ダイエットサプリも種類が豊富にあり、どれを使っていいか悩んでしまいますね。まずは、自分に合ったサプリ選びが重要です。ダイエットサプリには、どのような種類があるのでしょうか。

 

1.冷えやむくみが気になる

女性であれば、一度は経験のある冷え、むくみ。それは、代謝が低下していることによって引き起こされます。特に、立ちっぱなしの仕事や、逆に座りっぱなしの仕事をしている方は、体を動かすことが少なくなることで代謝が低くなり、気付いたときにはマッサージをしても冷えやむくみが治らなくなっているということもあります。この場合は、デトックス系のサプリを試してみましょう。乳酸菌や酵素が入っているサプリで腸内の老廃物を排出することで、滞りがちだった血流の巡りがよくなり、冷えやむくみが改善します。

 

2.甘いものがやめられない

ストレス発散のため、体が甘いものを求めてしまう。よくあることですが、なかなかやめらませんし、食事制限はさらなるストレスを招く可能性があります。そんなときに役に立つのが、糖質カット系のサプリです。糖質カット系にもいくつか種類があり、ご飯やパンなどの炭水化物から変化した糖質を九州させにくくするもの、酵母の力で糖質の分解を助けるものなどいくつか種類があり、食生活によって選ぶことができて便利ですね。

 

3.食欲が無限大

普段からよく食べて、胃が大きくなっていて、糖質カットだけでは追いつかない!だったら、食欲自体をコントロールしようというのが食欲制限系のサプリです。天然のハーブや酵母の一種で満腹中枢に働きかけ、食べる量が少なくても満腹感が得られます。自分で我慢している感がないので、自然と食事量は少なくなり、胃が受け付ける食べ物も適量になります。胃が小さくなればサプリを使わなくても、食欲抑えられないということはなくなるのがメリットです。

 

4.ついた脂肪をどうにかしたい

ついた脂肪が固まってセルライトが増えてしまうと、いくら運動をしても燃焼しにくくなってしまいます。せっかく汗をかいても脂肪が減りにくいと、運動をする気力自体が出なくなってしまいますね。このようなときに脂肪燃焼系のサプリを使ってみましょう。このタイプにもいくつか種類があり、カプサイシンなどで脂肪燃焼を助けるもの、またフォースコリーのように脂肪以外の筋肉に働きかけて脂肪を減らしていくものがあります。運動をする手助けでよい場合や、運動する時間がないけれど食事制限で脂肪も筋肉も落ちてしまうのは困るという場合など、状況に合わせて使い分けをすることができます。

 

簡単に説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。せっかくサプリを使っても、自分の状態に合ったものでないと、十分に効果が得られません。うまく活用できれば、スポーツジムに通うよりもお安くダイエットをすることができます。サプリはドラッグストアやインターネットで簡単に購入することができますが、まだ試す前の方も、既に購入して使っている方も、一度自分のタイプにあったものを考えてみてください。

ダイエットサプリを飲むと元気にダイエットできる

07_img01

私は以前に、ダイエットをした時、とても後悔をしたことがあります。
それは、ダイエットをしている時に、とても辛いと言う、そんなイメージを持つことになったことです。
ダイエットは、太った時に行うようにしていました。
ところが、そのダイエットを行った時、必ずといっていいいほど体のだるさがひどくなったのです。

その原因としては、まず必要な栄養素をしっかりと取ることができずに、体がだるくなったと感じます。
ダイエットをしている時には、やっぱり食事を少なくしてしまうのです。
そのことから、栄養不足の状態になっていたと感じます。

ダイエットをすることが嫌になってしまったのです。
しかし、やっぱり太ることもあり、仕方なくダイエットをすることにしました。
そして、ダイエットサプリを使うことを考えたのです。

通常は、ダイエットサプリを使う時は、それを飲むことによって痩せると思いますね。
しかし私の場合は、そのサプリについて栄養素がたくさんあるものを選択して、頑張ることにしました。

すると以前のように、体の疲れを感じることが少なくなったのです。
それは、本当に大切なことですね。
疲れる事なくできると、運動をする気持ちを持つことができます。

その結果、ダイエットサプリを使うことによって、しっかりと運動をして痩せることができたのです。
その時は、2ヶ月で2kg痩せることができました。
そんなに激しくしっかりと痩せたと思うことがありませんでしたが、今までで最高に痩せることができたのです。

それがあってからは、必ずダイエットサプリをダイエットをする時には、使うことにしています。
ダイエットは、自分ひとりで行うと、辛くなってしまいます。
頑張るようにしても、結局のところ無理をしてしまうのです。
その結果、無理をして食事のバランスが悪くなり、体が壊れそうになってしまうのです。

サプリメントはダイエット時の栄養不足を防ぐ

そのことがあってからは、ダイエットサプリを見直すことにしています。
ダイエットサプリは、使い方によってはとても良いサプリと思えます。
しっかりと痩せるということを期待するのではなく、それを使うことによって栄養不足になることを防ぐように使うことにしているのです。
それはとても良いことですね。

ダイエットをして、リバウンドをしてしまうのは、多分体が悲鳴をあげているからだと感じます。
そのため、サプリを飲んでしっかりと体を守りながら、ダイエットをするといいですね。
これからも、そのように使っていこうと思っています。

お守りとして心強いダイエットサプリ~ダイエット中のストレスをなくす魔法の薬~

私が普段飲んでいるダイエットサプリは、食事の脂質や糖質の吸収を抑えるものです。
購入当初は、飲んでカロリー消費しやすくなるようなサプリに魅かれましたが、初めてダイエットサプリに挑戦することもあり、まずは吸収を抑えるものから始めました。それ以来体型をキープできているので、飲み続けているのは吸収を抑えるタイプだけです。
1回に飲む量と、1日に1回だけ飲むということは決めています。しかし毎日飲むと決めているわけではありません。
今日はたくさん食べそうだなと思う日や、外食する時など摂取カロリーが気になる時だけ飲んでいます。私はもともと晩御飯は食べなくても平気な人間なので、ダイエットサプリに頼る前には、体型維持のために晩御飯を食べなかったりおかずだけや野菜だけにしたりと調整していました。
ダイエットサプリは、付き合いで外食に行く場合など炭水化物や糖質、脂質が気になる食事をする際にお守りとして飲んでいます。食べ過ぎたかなと思った時も、後日ほとんど体重が変わっていないのでたいへん心強いです。

 

ダイエットサプリで現状維持!

そもそも痩せようとして飲むのではなく、現状維持して太らないようにと意識しているので、ダイエット中のストレスもなく継続しています。
まずは太らず現状維持するのが私にとっての大前提です。プラスが少なければ少ないほど、マイナスに移行するのは楽になります。
常に体重を減らすことばかり考えるのは人によっては精神的に負担です。マイナスを意識するのではなくプラスを意識して、いつでもノンストレスでダイエットできる状況にしています。
ダイエットサプリを始めてから、体型キープだけではなく体重の減少も見られるようになりました。サプリを飲んでいるからといって甘えず、食事に気を付けていたのが功を奏したのだと思います。
理想の体重と体型に近づいてきたので、今はサプリを飲む頻度を減らしました。再び体重や体型が気になり出した時や、食事内容が気になる時に積極的に飲むことにしています。
毎日必ず飲まなければいけないと決めつけず、自分の体に合わせて気軽に飲む量を調節できるので長く続けてこられたのです。

例えば旅行に行った際、その土地の美味しい食べ物を存分に味わいたいものです。
また特別な食事の時も美味しいものを気兼ねなく食べたいものです。
そんな時、食事の吸収を抑えるダイエットサプリが手元にあると、思う存分食事を楽しむことができます。「ダイエットしなきゃ」という強い焦りではなく、信頼の置ける相棒的存在としてダイエットサプリを常備しています。